ライオンマーク 地区リージョン
豊川中ライオンズクラブロゴ

会長挨拶 (第47年度 2017年~2018年)
 
 会長の挨拶文

 このたび、伝統ある豊川中ライオンズクラブ第47年度会長に就任するに当たり、その責任の重さに嘗てない緊張感と身の引き締まる思いでいっぱいであり、先輩諸氏の築かれました功績を汚さない様精一杯努める所存でございます。

 昨年度は輝かしい45周年チャーターナイト記念式典が地域の皆様方のご支援のもと、盛大に挙行出来ましたことは、我がクラブの存在感が地域の皆様方に、より一層の認識を頂けたことであり、また我々にとりまして、誠に喜ばしい事と同時に新年度を迎えるに当たっての大きな弾みになることと確信致しております。

 私の履歴につきましては、平成134月仕事の関係で豊川市内に転勤となり、西尾ライオンズクラブより転籍会員として当クラブに入会、そして3年後に再度の転勤により退会。その後平成271月再入会員として現在に至っております。

  昨年度国際会長、ボブ コーリュー氏は「奉仕はLIONSの神髄です。奉仕こそ私たちの使命であり存在意識を与えてくれるのも」とメッセージを送っています。

 今年度は「揺るぎない社会貢献、貫こう更なるWe Serve」をスローガンに掲げました。

 昨年FWT活動の一環として、年の瀬も迫った12月の終わり頃、メンバーが豊川市内の養護施設を訪問し子供達との共同作業による楽しいふれあいの一時を過ごしました。

 今後益々少子化が進む中、「素直」「感謝」「謙虚」「反省」そして「奉仕」これら5つの心を持ち続け、我々の将来を託せ得る子供達の健全な育成の為に、奉仕活動を通じて子供達との交流を深めると共に薬物乱用防止の為の啓発活動等々、前年度を受けてのアクティビティに繋げて参りたいと思っております。

 ライオンズクラブを取り巻く環境も年々厳しくなってきており、最優先すべき課題としての会員増強、また財務運営上のスリム化にも取組み、クラブ本来の目的である奉仕活動の歓び、会員相互の融和と協調の精神を重んじ、魅力あるクラブとして運営していく為のアクティビティについて知恵を出し合い、「揺るぎない社会貢献、そして魅力ある奉仕活動とは」を全員で考え実行に移すと共に、アットホームなクラブ運営に精進して参ります。 

 内にあっての一体感、外にあっての連帯感、全員思いを一つにしてライオニズムの更なる高揚に努めて参ります。

 基本方針

 友愛と相互理解の精神でメンバー同士の思いやりを深め

 会員増強と揺るぎない社会貢献そして奉仕の心を貫き

 家族ぐるみの豊かなライオンズ・ライフを構築する

L 池田 力
池田 力