ライオンマーク 地区リージョン
豊川中ライオンズクラブロゴ

会長挨拶 (第48年度 2018年~2019年)
 
 会長の挨拶文

 第48年度会長を務めることになりました竹ノ内 省一です。これから1年よろしくお願いいたします。今年度のクラブ方針をお伝えしますのでお手元の資料をご覧ください。

 スローガンは今年度は「不易流行の精神で、クラブの明るい未来を勝ち取ろう」をスローガンに掲げました。不易流行のキーワードは、継続と変化です。
 残し伝えるべきものはきちんと継続し、変えるべきものは勇気をもって変えるということです。
 ライオンズクラブの奉仕の精神や円滑なクラブ運営を行うための組織と役割を分かりやすくまとめたものを作成し、お配りしました。この部分は、変えてはならない不易の部分です。必ず一度目を通して戴きたいと思います。今年度は、これ以外の流行の部分に変化を与えることで、更に豊川中ライオンズクラブらしさを出していければと思っております。

 基本方針は4項目あります。
 最初の二項目は内なる結束です。
 コミュニケーションとチームワークは、言うまでもなくすべての組織に必要なことです。30数名と決して大きな組織ではありませんが、全員が心を一つにして少数精鋭部隊となり、地域に喜ばれる奉仕活動を実践していきましょう。

 後半の二項目は外部との連携強化です。自前ではできないことでも、うまく外部と連携することで実行できることも色色あると思います。今後は、勇気をもって変えていくべき部分として、しっかり議論した上で実行していきましょう。

 さて、ライオンズクラブも100年の歴史の中で、今年度初めて女性の国際会長が誕生しました。また、334-A地区ガバナーも女性です。当クラブは女性メンバーが多く、本日も1名女性新会員を迎えることができました。FWT委員会を中心に女性ならではの視点から、台風並みの新しい風が吹き込まれることを期待しております。
 また、私が長年携わってまいりました自動車業界も、100年のガソリン車時代から電動化、自動運転等のパラダイムシフトに差し掛かっています。今までは考えられなかった異業種連携等が当たり前に起こっています。身近なところでも、親であるトヨタ自動車の広瀬工場がデンソーになります。
 実は、私の会社も自動運転や電動化に対応するため、同じデンソーグループ会社と経営統合し、今月から社名も変わりました。

 当然、ライオンズクラブへの期待やニーズも時代とともに変わるものと思います。その変化に柔軟に対応し、豊川中ライオンズクラブを今まで以上に地域に愛されるクラブにしていくことが求められているのではないでしょうか。

 私は、今年度、メンバーの皆さん自身が楽しく奉仕活動できるクラブ運営を、皆様と一緒に考え、実行していきたいと思います。これから一年一緒にwe serve!の精神で楽しい活動を行っていきましょう。
 これをもって私の会長就任の挨拶とさせていただきます。

 

L 竹ノ内 省一
竹ノ内 省一